訪問介護で働く看護師へのプレッシャー

訪問介護の仕事は看護師の需要が高いものの一つであり、医療や介護の現場で働いてきた看護師が選ぶことも多くなりました。社会的に需要が高くなっているため求人も豊富になっていて待遇も良くなってきているのが魅力でしょう。しかし、初めて訪問介護を行うというときには大きなプレッシャーを受けることがあります。典型的なのがホームヘルパーと一緒に現場で働くときのプレッシャーです。介護の仕事をするときの看護師の職能は、基本的には医療関係のものになります。バイタルサインの確認、体温などの測定、注射による投薬などが一般的ですが、訪問介護のときにはそれ以外の仕事も必要です。

介護経験が豊富な看護師でない場合にはホームヘルパーと二人で現場に向かうことがよくありますが、そこでホームヘルパーからプレッシャーを受けてしまう場合があります。ホームヘルパーの方が現場に慣れていてプロ意識もあることが珍しくはなく、すぐに医療関係の仕事を終わらせるようにと指示を受けることが多いのです。手際よく仕事を終わらせてホームヘルパーが仕事をしやすい状況を作るようにしなければならないでしょう。

慣れてしまえば大したことではないものの、時間的にも厳しくなりがちな訪問介護の現場では手際の良さが重要視されます。それをよく理解しているホームヘルパーと一緒に現場に行くと、真剣な顔で早く仕事をするように指示されてしまってプレッシャーを感じざるを得ないのです。そんなプレッシャーと向き合うこと、そのプレッシャーに打ち勝つ方法を知って仕事をすることは自分にとっての武器になり、いくらホームヘルパーに指示されたり催促されてもプレッシャーに負けず仕事がうまくいくでしょう。まだ自分に最適な方法を知らないのであれば仕事のプレッシャーに打ち勝つ!このサイトを読んで、プレッシャーに強い人になりましょう。