看護師の仕事のプレッシャーに耐える方法

看護師として働いている人の多くは、辞めたいと感じているのが現状です。看護師の仕事は、人手不足の状態が続いているため、どうしても一人一人が抱える仕事の量が多く、また内容も責任感のある仕事であります。また人手不足の状態が影響し、一人一人にじっくり時間をかけて指導する余裕もない病院が多いのです。そういった事から、自分の実務能力に自信がない看護師が多くなり、仕事に対するプレッシャーが強く辞めたいと感じるのです。特に新人看護師は夢を抱き看護師になったものの、実際に働いて見ると現実は違ったなどがっかりする人も少なくありません。

新人看護師が看護師として立派に成長してくためには、どんな時でも分からない事があればその場で聞いて理解しておくのが重要なポイントとなります。先輩から見て最も嫌な事は、理解しようとしないままミスを繰り返す人です。人の命に直接関わる仕事ですので、先輩看護師は誰もが常に精神的にもきりつめた状態になっています。そんな時に後輩がミスをしてしまうと、厳しい口調で指導するのは仕方がない事です。失敗しても、それを二度と繰り返さないように自分がなぜミスをしたのか、どのようにしたらミスをなくせるのかをしっかりと考えるようにしましょう。

長く看護師として働いて行くためには、医療の現場で働く事の重要さを十分に知った上で働くようにするのが大切です。特には人間関係で悩まされる事もありますが、健康にまで被害が出てきた際には転職を考えるのも一つの方法となります。