離島医療で働く看護師の二つのパターン

離島医療は医療の格差問題から特に注目されているものの一つであり、看護師の需要も高いのが実情です。離島でゆったりとした気持ちでリゾート気分を味わいながら働く方法もあれば、地元の大きな病院が行っている地域医療の一環として参加する方法もあります。

離島医療に興味を抱いて働いてみた看護師が抱く印象として代表的な二つのパターンがあります。一つ目の例となるのが現場での仕事のプレッシャーが大きいと感じるものです。とにかく人材が足りなくて多様な仕事に携われる看護師が求められている現場が珍しくないのが離島医療であり、次々に異なる仕事に従事しなければならない現場に圧倒されてしまうことは稀ではありません。医療の需要が高い離島に行くとこのようなプレッシャーに見舞われてしまい、大変だという印象を持つことが多いでしょう。

二つ目の例として、離島のゆっくりとした時間の流れの中で働きやすいと感じるパターンがあります。診療所が辛うじてあるという離島や、診療所すらないような離島では人口も少なくてそれほど患者が殺到しないでしょう。そのような現場で働いているとゆっくりと時間を使って患者の看護を行うことができ、プレッシャーをあまり感じずに働けることが多いのです。勤務先による違いや捉え方による違いが大きいのが特徴ですが、看護師が離島医療に携わるときには通常とは少し違った医療現場になるということは念頭に置いておくと良いでしょう。