育児を始めた看護師が悩む仕事からの圧力

看護師として仕事をしていると時間に追われがちになる現場が多いのが事実ですが、育児を始めると家庭生活に時間を割きたくなります。子供が幼い頃ほどできるだけ家にいて子育てを行いたいと考えるのは母性本能によるものでしょう。しかし、看護師として働きたいという気持ちもあると時間が取れずに困ることになりがちです。制度上では時短勤務ができたとしても、現場からの仕事のプレッシャーもあって板挟みになってしまうことは珍しくありません。どちらを優先するかと悩んで決断できずに月日が経ってしまう場合もありますが、自分一人で全てを解決しようという考えを捨てられると解決にたどり着けるでしょう。

仕事をやりたいという気持ちや、プレッシャーに応じたいという意識があるなら、家庭生活に必要な時間を減らすという視点を持つのが重要です。子育ては自分だけでやらなければならないものではなく、夫に参加を求めてみると良いでしょう。夫も忙しいのなら両親に面倒を見てもらうという方法もあります。また、それすらも難しい問いう状況ならベビーシッターを雇うという解決策もあるでしょう。

育児を始めるとどうしても家庭生活に時間が必要になるのは確かですが、負担を減らす方法はあります。看護師としての仕事を優先したいという気持ちと板挟みになってしまったときには、まず育児の負担を減らすという発想を持ちましょう。現場からのプレッシャーがあって時短勤務ができなくても両立させることは可能です。